NZワーホリ・留学

【重要】2021年10月よりニュージーランド渡航に観光ビザ(ETA)が必須になります

【重要】2021年10月よりニュージーランド渡航に観光ビザ(ETA)が必須になります

今回は、ニュージーランドに新しく導入される観光ビザ「ETA」について説明します。

2021年10月1日よりニュージーランドの渡航に観光ビザ「NZeTA」(New Zealand Electronic Travel Authority)の取得が必須になりました。

今までは、3ヶ月以内の滞在であればビザを取得する必要はなかったのですが、2021年10月1日以降は観光ビザ「ETA」がないとニュージーランドに入国することができません。

また、同じく2021年10月1日より国際観光税「IVL」も徴収されるようになるので、「ETA」と「IVL」合わせた金額を支払う必要があります。

申請はニュージーランド移民局HPか公式アプリから申請します👇

ニュージーランド移民局NZeTA申請ページ

NZeTA

NZeTA

Ministry of Business, Innovation and Employment無料posted withアプリーチ

ニュージーランドの観光ビザ「ETA」とは?

ニュージーランドの観光ビザ「ETA」とは?

「ETA」(Electric Travel Authorization)とは、インターネットで登録する電子渡航認証(電子ビザ)のことです。

アメリカの「ESTA」やカナダの「eTA」、オーストラリアの「ETAS」のように、すでに導入されている国があるので、わりと同じみ感はあるかと思います。

国によって呼び方が微妙に違いますが、基本同じです。

ニュージーランドでは「NZeTA」と呼んでいます。

ニュージーランドETA↑NZeTAのロゴ

ETA(電子渡航認証)の有効期限は2年で、その間ニュージーランドに再度渡航した場合、再申請は不要です。

ニュージーランドの観光ビザ「ETA」が必要な人、必要でない人

ETA(電子渡航認証)の申請が必要な人、必要でない人について説明します。

ETA(電子渡航認証)が必要な人

  • ニュージーランドに観光で訪れる人
  • ニュージーランドを経由して違う国に行く人

基本的にニュージーランドに観光目的で来る人は「ETA」が必要になります。

また、ニュージーランドで飛行機を乗り換え、違う国に渡航する場合にも「ETA」が必要です。

ETA(電子渡航認証)が必要でない人

  • すでに有効なビザを持っている人
  • ニュージーランドの市民権・永住権保持者
  • オーストラリアの市民権保持者

ニュージーランド渡航前に他のビザを申請し、有効なビザをすでに持っている人(ワーホリビザやワーク・学生ビザなど)は「ETA」の申請は必要ありません。

また、オーストラリアの市民権を持っている人も申請の必要はありません。(オーストラリアの永住権保持者は「ETA」が必要です)

スポンサーリンク

国際観光税「IVL」も徴収されます

ETA(電子渡航認証)同様、2021年10月1日より国際観光税「IVL」(International Visitor Conservation and Tourism Levy)の徴収も始まります。

これらはニュージーランドの観光施設や自然環境保護に利用されるそうです。

料金:$35(NZD)

ETA(電子渡航認証)と同じく、IVL(国際観光税)の有効期限も2年なので、最初の申請から2年以内に再びニュージーランドに渡航した場合、再申請の必要はありません。

申請方法と料金

ETA(電子渡航認証)の申請方法は以下の2通りで、料金が微妙にちがいます。

  • アプリ:$9(NZD)
  • WEBサイト:$12(NZD)

専用のアプリをDLして申請する方法と、WEBサイトから申請する方法があり、アプリの方が申請料金が安いですね。

ETA(電子渡航認証)の申請料金と一緒にIVL(国際観光税)$35も申請するので、合わせて$44〜47を支払うことになります。

申請はこちら👇

ニュージーランド移民局NZeTA申請ページ

NZeTA

NZeTA

Ministry of Business, Innovation and Employment無料posted withアプリーチ

いつまでに申請すればいい?有効期限は?

ETA(電子渡航認証)とIVL(国際観光税)の申請は、72時間前までに完了させることが推奨されています。

また、両者の有効期限は2年間です。

一度支払いを済ませておけば、2年以内の入国であれば再度申請する必要はありません。

まとめ

ニュージーランド英語の特徴2

以上、ニュージーランドの新しい観光ビザ「ETA(電子渡航認証)」について解説してきました。

最後に、もう一度申請ページを張っておきます👇

ニュージーランド移民局NZeTA申請ページ

NZeTA

NZeTA

Ministry of Business, Innovation and Employment無料posted withアプリーチ

アプリの方が簡単で安いので、おすすめです。

おすすめ【完全無料】ニュージーランド旅行の一括見積りはこちら

ABOUT ME
ちぇるしー
元ゲームプランナー。2013年にニュージーランドへ移住。NZ在住6年目で2016年に永住権を取得しました。タウランガという地方都市でプログラマの夫(日本人)と黒パグとひっそり暮らしています。 音ゲーと洋RPG、そして小島秀夫監督が大好きな引きこもり主婦です。海外移住のことや英語学習、趣味のゲームについて発信しています。
英語の人気おすすめ記事