英語

【頑張れ!応援してる】英語で励ますメッセージ例文22選

「頑張れ!」と応援したい時、英語でどう励ますのが正解?

「ファイト!」をそのまま「Fight!」と言っても通じなさそうだし、「頑張れ」って色んな意味で使われるから英語でどう伝えた良いのか迷ってしまう人は多いと思います。

私自身も、英語の学習を始めたばかりの頃に悩まされた経験があるので「頑張れ」で迷ってしまう気持ちがよく分かります。

たぶん多くの人が迷う「頑張れ」というフレーズは、熱いエールを送る「頑張れ」という励ましではなく、ねぎらいや挨拶に近い感じで使われる「頑張れ」なんじゃないかなと思ったので、今回はそちらも含めた解説をして行きます。

日本語と英語では『頑張れ』のニュアンスが違う?!

英語の「頑張れ」という言葉を調べてみると

「自分が使いたい意味の「頑張れ」とチョット違う気がする…」

そう思った人も多いと思います。

日本語でよく使われる「頑張れ」はあいさつ程度に使われている一方で、英語の「頑張れ」はもっと具体的で直接的な表現が多いです。

日本語と英語両者の「頑張れ」の使い方の違いを大雑把に分けると下記の様に考えられるかなと思います。

  • 日本語:頑張る対象がなくても、とりあえず『頑張れ』を使う
  • 英語:頑張る対象が明確な場合に『頑張れ』を使う

英語の『頑張れ』みたいな表現は、すごく直接的な意味が含まれています。

英語で「頑張れ」と応援する場面は『何か具体的な対象について頑張っている人』がいる前提です。

例えば、目の前でマラソンしている人を応援する「頑張れ」(努力しろ!やれ!君ならやれる!)みたいな「相手にカツを入れるようなアツい表現」が多いです。

一方、私たちが日常生活で使う「頑張れ」という表現は、もっと曖昧で、時には「何を?」と返したくなる場面もあるくらいユルい意味合いで使われます。

もちろん、目の前で頑張っている家族や友達、恋人を応援する場面もありますが、日常的に頻繁に使われる「頑張れ」と言う言葉はユルい意味で使われる事が多いので、英語の「努力しろ!やれ!君ならやれる!」のようなアツい表現だと、ちょっと変な感じになってしまいます。

「仕事頑張ってね」の『頑張って』に適切な英語表現

多くの人が悩むのが「仕事頑張ってね」の『頑張って』じゃないでしょうか?

この場合使われるのは、上で説明したユルい方の「頑張れ」という意味で使われると思うので、相手にカツを入れるような応援メッセージだとちょっと変ですよね。

そんなわけで、ここではユルい応援の「頑張れ」の意味合いを含んだ英語のメッセージをご紹介します。

応援や励ましというより、相手をいたわる意味が込められているメッセージを集めました。アナタが使いたい意味に合った英語メッセージを選んで使ってみてくださいね。

相手をいたわる応援の「頑張ってね」英語メッセージ

Have a good day at work.

仕事頑張ってね。

Take care of yourself.

身体を大事にしてね。

Don’t work too hard.

無理しないでね。

I’m always on your side!

いつでもアナタのそばにいるよ。

I am always here for you.

いつでも力になるよ。

スポンサーリンク

アツく応援したい人が使える英語で励ますメッセージ

頑張っている家族や友達、恋人に熱いエールを送るメッセージです。

上とは違い、具体的に何か対象に向かって頑張る人に使います。

これから何かに挑戦する人を応援する英語メッセージ

会社のプレゼンや学校の試験、誰かに告白するなど、まさに今から何かに挑戦する人にエールをおくる英語の応援メッセージです。

It’s now or never!

今やるか、一生やらないか。やるなら今だ!

You can make it!

君ならできるよ!

Good luck!

幸運を祈ってるよ!

I hope it goes well.

うまくいくように願ってる。

Break a leg!

頑張ってね!

※「Break a leg!」は、直訳すると「足を折れ」を意味します。演劇で使われるスラングで、これからパフォーマンスする人に対して使うイディオムです。日常的にも使われますので覚えておくと便利です。

現在進行系で頑張っている人を応援する英語メッセージ

今、頑張っている真っ最中の人を励まして、ヤル気を出してもらう英語の応援メッセージです。

Go 〇〇(名前) go!

行け、〇〇(名前)、行け!

Go for it!

勝ちに行け!

Just do it!

とにかく、やれ!

Keep it up

その調子で頑張って

I got your back.

私が付いているよ

I’ll keep my fingers crossed!

幸運を祈ってる!

※「I’ll keep my fingers crossed!」は、直訳すると「指を交差させておく」と言った表現です。これは、人差し指と中指を交差させた ” 十字架で「幸運を祈るよ」という意味で使われます。

スポンサーリンク

落ち込んでいる人を励ます英語メッセージ

落ち込んでいる人にも「頑張れ」と励ましてあげたいですよね。

でも、落ち込んでいる人に上で紹介したような「カツ」を入れるメッセージを送ってしまうと、相手は疲れてしまいます。

そんな場面では、相手を包み込むようなメッセージで「頑張れ」と伝えましょう。

I’m always on your side.

私がいつも付いているよ。

Cheer up.

元気出して。

Everyone has their bad days.

誰にだってイマイチの日はあるよ。

Take it easy.

気楽にやろう。

My best wishes on your 〇〇.

○○が上手く行くといいね

Don’t worry / No worries

ドンマイ

※「Don’t worry」と「No worries」の違いは、アメリカ英語かイギリス英語かの違いです。アメリカでは「Don’t worry」が使われ、イギリスやオーストラリア、ニュージーランドでは「No worries」が使われます。
どちらも意味は同じなので、好きな方を使えば良いと思います。ちなみに筆者はニュージーランド在住なので「No worries.」を多用しています。

スポンサーリンク

英語で励ますメッセージ例文まとめ

「頑張れ」を英語で表現するには、場面や状況に応じて使い分けが必要になってきます。

そう考えると「頑張れ」の一言だけで、大体の意味が通じてしまう日本語ってすごく便利な言葉ですよね。それと同時に、こういった便利な言葉が日本人の英語学習を難しくしている原因だったりするんですが…笑

英語の上達はコツコツと小さなフレーズを覚えていくことが大切です。

気に入ったフレーズや使ってみたいフレーズなどを「単語帳」や「アプリ」に保存し、繰り返し口に出して言ってみることで、いざ使う場面に遭遇した時に口から自然出てくるように練習しておくことをオススメします。

ABOUT ME
ちぇるしー
ちぇるしー
元ゲームプランナー。2013年にニュージーランドへ移住。NZ在住6年目で2016年に永住権を取得しました。タウランガという地方都市でプログラマの夫(日本人)と黒パグとひっそり暮らしています。 音ゲーと洋RPG、そして小島秀夫監督が大好きな引きこもり主婦です。海外移住のことや英語学習、趣味のゲームについて発信しています。
英語の人気おすすめ記事