時事ネタ

【母の日】カーネーションの色で人気はどれ?注意が必要な色もある!?

『母の日』の定番プレゼントと言えば、カーネーションですよね!

日頃の感謝を込めて贈るカーネーション。

でも、最近は色のバリエーションが多くなってきて、どれを選んで良いか迷ってしまいませんか?

今回は、母の日に贈るカーネーションの中でも特に人気のある色をピックアップしました。

さらに、母の日に贈るには注意が必要な色についても解説したので、参考にしてみてくださいね!

カーネーションの色で人気はどれ?

『母の日』に贈るのにピッタリで人気の色をご紹介します!

【赤】

赤いカーネーションの花言葉は

  • 「母の愛」
  • 「愛を信じる」
  • 「熱烈な愛」

母の日にピッタリですね。

やはり定番の赤は絶対ハズさない色ですね!

ただし、同じ赤いカーネーションでも、深い色の赤や黒に近い赤は注意が必要です。

詳しくは⇓⇓⇓をチェックしてくださいね。

【ピンク】

ピンクのカーネーションの花言葉は

  • 「感謝」
  • 「上品・気品」
  • 「暖かい心」
  • 「美しい仕草」

こちらも母の日に贈るにはピッタリの人気色です!

ピンクは幸福感や安らぎを与えてくれる効果があるので、日頃忙しくしているお母さんにオススメですね!

【パープル】

パープルのカーネーションの花言葉は

  • 「永遠の幸福」

パープルのカーネーションは、遺伝子組み換えによって作られ『ムーンダスト』と名付けられています。

この『ムーンダスト』という名前には、「月のように柔らかな包容力のある花であって欲しい」という想いが込められているそうです。

また、『月』は母性や優しさ、包容力の象徴とされているので、正に母の日にピッタリです!

ムーンダストはとても綺麗な紫色をしているので、気分を変えて、サプライズな色をプレゼントしたい人にもオススメです!

注意が必要な色もある!?

【濃い赤色】

赤は赤でも濃い赤色をしたカーネーションには注意が必要です。

花言葉は

  • 「私の心に哀しみを」
  • 「欲望

母の日には似合わないドス黒い意味が込められていますね。

赤いカーネーションを送る場合は、明るい色を選ぶようにした方がいいですね!

【黄色】

黄色のカーネーションの花言葉は

  • 「軽蔑」
  • 「嫉妬」
  • 「愛情の揺らぎ」
  • 「友情」

かなりネガティブな意味が込められている黄色いカーネーションは、母の日には避けたほうが良いと言えます。

黄色って明るくて華やかなのに、こんな強烈な意味を含んでいるなんて、ちょっとびっくりしました。

もし、黄色が好きなお母さんに贈るなら、黄色よりオレンジを贈ったほうが良いかもしれません。

ちなみに、オレンジのカーネーションの花言葉

  • 「純粋な愛」
  • 「あなたを熱愛します」
  • 「清らかな慕情」

意味合いはポジティブですが、オレンジはどちらかと言うと『恋人』向きの色として知られています。

【白】

白いカーネーションの花言葉は

  • 「尊敬」
  • 「純潔の愛」
  • 「私の愛情は生きている」

一見、ポジティブで素敵な花言葉に見えるのですが、白いカーネーションは『亡くなったお母さんに贈る花』です。

お母さんがご健在な場合は、白いカーネーションは絶対NGです!

今回のまとめ

今回は、『母の日』に贈るカーネーションで人気な色と、注意が必要な色について解説してきました。

まとめてみると、母の日に人気なカーネーションの色は

  • 明るい赤
  • ピンク
  • パープル

注意が必要な色は

  • 暗い赤
  • 黄色

でしたね。

筆者は今年はパープルのカーネーション『ムーンダスト』を贈ってみようと思っています。

皆さんのカーネーション選びの参考になれば嬉しいです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

ABOUT ME
ちぇるしー
元ゲームプランナー。2013年にニュージーランドへ移住。NZ在住6年目で2016年に永住権を取得しました。タウランガという地方都市でプログラマの夫(日本人)と黒パグとひっそり暮らしています。 音ゲーと洋RPG、そして小島秀夫監督が大好きな引きこもり主婦です。海外移住のことや英語学習、趣味のゲームについて発信しています。
ブログ関連のおすすめ記事